月読神社

最寄り駅西唐津駅
住所

長崎県 壱岐市 芦辺町国分東触464番地

アクセス長崎空港から壱岐空港まで30分→壱岐空港からは15分で到着。その他にも博多港から芦辺港まで高速船で1時間→港から神社までタクシーで5分など、いくつかのルートが存在しますので公式ホームページでご確認ください。
営業時間
電話番号-
この投稿をInstagramで見る

ユキコさん(@yukiko.con)がシェアした投稿 -

長崎空港から飛行機で30分。更に車で15分ほど進むとたどり着けるのが、日本神道発祥の地である月読(つきよみ)神社です。日本最古の神社の1つにも数えられ、その始まりは飛鳥時代にもさかのぼります。

この投稿をInstagramで見る

@kao_linlinがシェアした投稿 -

阿閉臣事代(あべのおみことしろ)という官吏が天皇の命を受けて現在の朝鮮に当たる任那(みまな/にんな)に使いに出た際、壱岐島で月神から「土地を月の神に奉納せよ」との神託を受けました。

これを朝廷に伝えたところ壱伎県主 (いきのあがたぬし) であった押見宿禰(おしみのすくね)が、朝廷の命で月読神社から京都に分霊させ祀った。との記しが日本書紀にあり、その存在を確固たるものにしています。

この投稿をInstagramで見る

HIROKOさん(@aiaihiro0524)がシェアした投稿 -

御朱印は社務所で頂けて、月読という月の神を祀っていることから、三日月の印が押されとてもかわいく、日本神道発祥の地として海上安全、農業、五穀豊穣、諸願成就などのご利益も期待できます。

また、おしゃれな御朱印帳は一冊1200円で社務所や郷ノ浦港・芦辺港・印通寺港の観光案内所で販売されていることがあります。

Junlluviaさん

訪問時期:9月

豪雨の観光。
ここを訪れた時間だけ奇跡的に雨がやみました。
しっとりとした森のなかに静かに佇む社。
鳥や小動物がすむ森というよりも
精霊がこの土地を守っているかのような神聖さを感じました。

この口コミは1人が参考にしています

拝観時間10:00~17:00まで。
初穂料不明

地図

長崎県周辺の御朱印,御朱印帳

このスポットを紹介する記事

地図を開く

電話をかける

口コミを投稿

公式サイト