右上のボタンから、この記事にコメントできます!

サウナ『かるまる池袋』徹底取材!全サウナ&水風呂と休憩所を完全レポ!

最終更新日:2020/02/06

2019年12月、池袋にオープンしたサウナ&ホテル【かるまる】は関東最大級の設備・漫画喫茶級の休憩所・旅館のような客室(カプセル・個室)といった評判が立ち、オープン直後から多くのサウナーが足を運ぶ人気スポットになりました。そんな人気スポットを隅から隅まで徹底取材!お風呂や水風呂にかけた『採算度外視』のコストも紹介します!

※この記事は2019年12月の取材を元に記事を作成しています
※こちらの施設は男性専用です

ライタープロフィール
サウナ・カプセルホテル かるまる 池袋
2019年12月にオープンしたサウナ・スーパー銭湯『かるまる 池袋店』
サウナ王を始め、様々なプロから監修を受けた『4種類のサウナ・4種類の水風呂・5種類のお風呂』が常設される、...
2019年12月にオープンしたサウナ・スーパー銭湯『かるまる 池袋店』
サウナ王を始め、様々なプロから監修を受けた『4種類のサウナ・4種類の水風呂・5種類のお風呂』が常設される、関東最大級のサウナ

公式HP⇲ Twitter⇲ Instagram⇲

目次

  1. 池袋に新サウナ施設【かるまる】がオープン!
  2. 池袋駅から【かるまる】までのアクセス
  3. 【かるまる】の営業時間と料金
  4. 【かるまる】営業時間
  5. 【かるまる】お風呂のみの利用料金
  6. 【かるまる】カプセル&ホテル個室の宿泊料金
  7. 【かるまる】の入館方法〜施設内の歩き方
  8. 【かるまる】のサウナは全4種!
  9. 【かるまる】「岩サウナ」は都内屈指の大きさ
  10. 【かるまる】「ケロサウナ」ではセルフロウリュができる
  11. 【かるまる】「蒸サウナ」は大都会で味わえる、日本古来の薬草蒸サウナ
  12. 【かるまる】「薪サウナ」は本物の薪を焚べて楽しめる(※現在準備中)
  13. 【かるまる】は「ととのいスポット」も完備!
  14. 【かるまる】は水風呂も4種類!
  15. 【かるまる】『サンダートルネード』は超低温の水風呂
  16. 【かるまる】『やすらぎ』は水風呂初心者にもおすすめ
  17. 【かるまる】『昇天』は新しい交互浴向けの水風呂
  18. 【かるまる】『アクリルアヴァント』はサウナ王監修の深すぎる水風呂
  19. 【かるまる】のお風呂は全5種類!
  20. 【かるまる】『炭酸泉』は療養泉クラスの炭酸濃度
  21. 【かるまる】『電気風呂』で昔懐かしの銭湯を感じよう
  22. 【かるまる】『岩風呂』は特注の一枚岩で作られた高級風呂
  23. 【かるまる】『マス風呂』は最高級ヒノキで作られた超贅沢なお一人様用のお風呂
  24. 【かるまる】『露天ジャグジー』は池袋とは思えない開放感
  25. 【かるまる】は脱衣所にもこだわりが!
  26. 【かるまる】は休憩所も最高!
  27. 【かるまる】『ライブラリースペース』は蔵書1万冊オーバー!
  28. 【かるまる】『リクライナースペース』と『くつろぎポッド』でダメになろう
  29. 【かるまる】『コワーキングスペース』はWi-Fi速度も速い!
  30. 【かるまる】サウナなのにご飯の味・コスパが神!
  31. 第3位『超!親子丼』
  32. 第2位『唐揚げタルタル丼』
  33. 人気第1位『肉汁つけうどん』
  34. 【かるまる】はカプセルホテルとして宿泊も可能!
  35. 【かるまる】『カプセルタイプ』は防音にこだわったカプセル部屋
  36. 【かるまる】『ホテルタイプ』はリゾートホテル級のクオリティ
  37. 【かるまる】ではリラクゼーションも充実!
  38. 【かるまる】『ヘッドスパ』は美容院を超えるテクニックと施設付き
  39. 【かるまる】『リラクゼーション』で最高のマッサージ体験
  40. 【かるまる】『アカスリ』で垢と疲れを落とそう
  41. 【結論】池袋に来たら【かるまる】へGO!!!

池袋に新サウナ施設【かるまる】がオープン!

こんにちは。『SHIORI』編集部の神田です。

皆様は池袋から徒歩5分の場所にできたサウナ・カプセル施設【かるまる】をご存知でしょうか。

元々は『オアシス』というサウナ・カプセル施設でしたが、施設をそっくりそのままリニューアル、『サウナー(※)』なら誰でも知っているサウナ王による監修の元、この度新しいサウナ&ホテル施設としてオープンしました。

今回【かるまる】に潜入取材をした結果、明らかに都内に作ってはいけない『採算度外視』なクオリティの施設に仕上がっていたため、徹底取材させていただき、設備とかかったお金を隅々まで紹介させていただきます。

※『サウナー』とは…サウナ愛好家のこと

池袋駅から【かるまる】までのアクセス

改札を左折

JRからいらっしゃった方は中央改札を左に曲がり、西口出口から地上に出ましょう。

西口から地上へ

地上に出たらそのまま真っ直ぐ

『マルイ』が見えたら右折

『ガスト』の看板を目印に進む

西口出口エスカレーターを登ったらまっすぐ進み、マルイのビルまで到着したら左に見える『ガスト』の看板を目印に進みましょう。

この看板が目印!

ガストの看板下まで到着したら少し暗い入り口横のエレベーターで6階ボタンを押しましょう。直通で【かるまる】フロントに到着します。

【かるまる】の営業時間と料金

今回案内していただくのは【かるまる】広報の江尻さん。ちなみに【かるまる】は男性専用のため、今回紹介する施設を普段使用することはできないそう。今回の取材中、常に『あぁ〜入りたい〜』と悔しそうに呟いていました。

【かるまる】営業時間

営業時間11:30~翌10:00
サウナ・浴場の利用時間11:30~翌9:00

※蒸サウナ 11:30~21:00
※薪サウナは2020年1月より運用開始予定(日程未確定)

ちなみに11時半にならないと直通エレベーターが動きません。要注意

【かるまる】お風呂のみの利用料金

一般料金2,980円(オープン価格で2,480円)
60分コース1,480円(0時以降の入館は深夜料金適用)
深夜割増料金1,980円(0時~4時に入館・滞在する場合)
早朝料金1,980円(朝4時~9時半までの利用のみ)

通常料金は2,980円と都心型サウナ施設としては平均的
(新宿『テルマー湯』は12時間利用で2,405円、両国『江戸遊』は2,750円)

また、深夜に利用する場合は【一般料金】と【深夜料金】の合計である4,960円となります。

SHIORI編集部 神田

ちなみにこの金額に20円足すとカプセル宿泊ができちゃいますが、なんでそんなに安く泊まれるんですか?

かるまる広報 江尻

うーーん、なんででしょうね?オーナーが優しいからじゃないですか?

【かるまる】さんは、オーナーの異常な優しさから深夜料金に20円足すだけでカプセルでの宿泊ができちゃいます!もし宿泊を考える場合、深夜料金ではなくカプセルタイプでの宿泊が圧倒的におすすめ!

【かるまる】カプセル&ホテル個室の宿泊料金

カプセルタイプ
(VIPルーム)
4,980円~
カプセルタイプ
(VIPシアター)
5,980円~
ホテルタイプ
(コンパクトシングル)
6,980円~
ホテルタイプ
(ラグジュアリーシングル)
8,980円~

※入館料込みのお値段です
※週末(金・土)は割増料金となります。

ちなみに一番安い『カプセルルーム』だと池袋周辺のカプセルホテルとしてはかなり安くて利用しやすい金額。

(※SHIORI編集部調査)

【かるまる】の入館方法〜施設内の歩き方

エレベーターから降りたら目の前に下駄箱エリアがあるので、空いている下駄箱に靴を入れ、キーを抜きましょう。このキーは館内でのお支払いやロッカーの鍵としても使うので、必ず大切に保管しましょう。

ちなみに私がサウナの次に感動したのがこの『鍵の少なさ』
スーパー銭湯に行くと

・下駄箱の鍵
・館内の精算用キー
・脱衣所のロッカーキー

と大量の鍵をぶら下げることが煩わしいですが、【かるまる】では全ての鍵をこの一本で管理できるため、お風呂で手首がとても軽くてめちゃくちゃ快適!

下駄箱の鍵を取ったら、エントランスで鍵をタッチ。そのまま目の前にある館内着を取り、自分に合ったサイズを選びましょう。

そのまま奥に直進すると館内着に着替えるロッカーがあるので、

・サウナのみ利用者は右側
・宿泊者は左側

から空いているロッカーを選びましょう。

ロッカーは先ほどの下駄箱キーで開閉をします。着替えをロッカーに入れ、そのままキーをタッチすると施錠されます。

また、このキーは自分が服を入れたロッカーを検索できる超便利な機能付き!スーパー銭湯あるある『自分のロッカーどこだっけ』問題をまるっと解決してくれます!

検索用のタブレットに下駄箱のキーをタッチすると、保管したロッカーが一発で表示される!めちゃくちゃ便利!

【かるまる】のサウナは全4種!

【かるまる】は『サウナ王(※)』監修の元、明らかに『やりすぎ』なサウナが4種類あり、その全てがサウナーを唸らせるクオリティの仕上がり。

しかもサウナ・水風呂・お風呂の温度やデザインだけに止まらず、お風呂ごとに異なる濾過装置を導入するこだわりっぷり。
結果として、サウナとお風呂だけで■■億円以上(ここには書けない金額)の投資をしているそう。

※『サウナ王』とは…本名『太田広』温浴施設のコンサルタント。国内外1200以上の施設を訪れた日本サウナ界の第一人者。

【かるまる】「岩サウナ」は都内屈指の大きさ

『岩サウナ』はその名の通り、熱された超高温のサウナストーンから出る熱を利用したサウナ。

サウナ内の温度は85℃と平均的ですが、日本最重量のサウナストーンから放出される熱により、体感温度は明らかに90℃オーバー!普段なら10分は平気で入れるカメラマンのS君も8分でギブアップ。

この岩サウナで使用される石は日本三大花崗岩の一つとして知られる『庵治石(あじいし)』

本来は墓石や工芸品などに使用される『世界一高価な石』ですが、【かるまる】ではなぜか600kg以上の『庵治石』を岩サウナ用の石として『フィンランドから直輸入して』使用しています。

ちなみに『庵治石』を使用した墓石の相場は最低でも100万円〜だそう。

SHIORI編集部 上野

さすがにやりすぎじゃない?

【かるまる】「ケロサウナ」ではセルフロウリュができる

『ケロサウナ』は、欧州赤松のケロ材(樹齢200年以上の立枯れした木材)を壁面・天井に使用したサウナ。

通常のサウナ施設では丸太小屋のように使用するが、細身にカットしたケロを壁一面に貼り付ける仕様は日本初。細かくカットされた木材から出る芳醇な木の香りを楽しむことができる。

しかも香りをより感じやすくするため、このサウナでは『セルフロウリュ(※)』が可能!

都内でもセルフロウリュができる施設は限られているため、ロウリュ好きなおっさんが勝手に水をかける『違法ロウリュ』が問題になっていますが、ここでは合法で好きなだけ蒸気が出し放題。

かるまる広報 江尻

※桶樽の水量は15分ごとに800ccまでとなっています。

『ケロサウナ』の設定温度は90℃とやや高め。

丸い石材のサウナストーンを使用し、石の表面に沿って舞い降りて行く、やわらかく静かな蒸気で心地良いロウリュを体感できます。

かるまる広報 江尻

このサウナは【かるまる】のコンセプトの一つ【人間回帰(※)】に基づいて設計されており、自然を感じるような要素が多く散りばめられています。

ちなみに壁に使用されている『ケロ』は本物の木材を使用することは勿論、薬品などを使用せず職人による技のみでの加工を施しています。

SHIORI編集部 神田

確かにこのサウナの中、『森の香り』がしますね。空気がうまいサウナって人生で初めてかもしれない。

※『セルフロウリュ』とは…サウナの石に水やアロマ水をふりかけることで超高音の蒸気を発生させること。体感温度が10℃以上アップする。ちなみに許可されていない場所での『違法ロウリュ』はサウナ故障の原因になるため、絶対ダメ。

※『人間回帰』とは…【かるまる】のコンセプトの一つ。『自然の中で生きる人間本来の状態でくつろげる「大自然の魅力」と、利便性・機能美に溢れた「都会のメリット」を融合させる』ことを目的にしている。

【かるまる】「蒸サウナ」は大都会で味わえる、日本古来の薬草蒸サウナ

『蒸サウナ』は、薬草エキスを含んだ水蒸気100%のサウナ。使用する薬草は岐阜県の息吹山から直で仕入れており、様々な効能の物をオリジナルブレンド。煮出したエキスを蒸気にすることで、体の内側からダイレクトに吸収することができます。

また、この特徴的なサウナの外見は、薬草エキスをなるべく多く吸収できるようデザインした結果だそう。

入ってみると木のいい香りと森の中にいるような清涼感のある蒸気が体を包み、優しく体を温めてくれます。

ちなみに『蒸サウナ』の定員は『4人』と少なめ。混み具合によっては『蒸しサウナ』待機列ができる人気ぶりなので、『入れるときに入る』ことをおすすめします。

【かるまる】「薪サウナ」は本物の薪を焚べて楽しめる(※現在準備中)

営業開始しましたらまた新しくお伝えします。

【かるまる】は「ととのいスポット」も完備!

【かるまる】はサウナから出た人が落ち着ける「ととのいスポット(※)」も完璧。

マットレスの敷かれた椅子や外気浴ができるととのいスポットも完備され、サウナーが並んで深く瞑想しています。

しかも、かなりの数とスペースが用意されているため「ととのい待ち」がないことも大変ありがたい!

また、サウナ横にしっかりと給水所が設置され、氷がたっぷり入ったレモン水が用意されています。店員さんが常に大浴場内を巡回しており、氷が少しでも溶け始めると大量の氷を追加してくれる嬉しいサービス付き。

SHIORI編集部 上野

サウナ出てすぐに飲むレモン水がうますぎる。サウナ出てすぐに飲むレモン水うますぎない?

SHIORI編集部 神田

「キンキンに冷えてやがるっ・・・!犯罪的だ・・・うますぎる・・・!」

※ととのいスポット…サウナ→水風呂→休憩の1セットを何クールか続けるうちに、「ととのう」という不思議に落ち着く瞬間がくる。その瞬間が訪れる休憩場所を「ととのいスポット」と呼ぶ

【かるまる】は水風呂も4種類!

サウナが豪華でも、水風呂が微妙だとなんだかモヤモヤする人も多いはず。

銭湯神こと『ヨッピーさん(※)』も『水風呂に入るための助走として我慢してサウナに入っている』と言う程、サウナと水風呂はセット。

そして【かるまる】ではサウナに負けないハイクオリティな水風呂も多数用意されています。

※ヨッピー…週8ペースで銭湯に通う銭湯狂。交互浴ブームの火付け役であり、銭湯業界のスポークスマン。

【かるまる】『サンダートルネード』は超低温の水風呂

『サンダートルネード』は水温が10℃を切る超低温がウリの水風呂。

ちなみに

・サンダー=雷に打たれたような冷たさ
・トルネード=身体に羽衣をまとわせないジェット水流

から名付けられたそう。

SHIORI編集部 神田

ちなみになんでこの水温と水流が生まれたんですか?

かるまる広報 江尻

水風呂が冷たければ冷たいほど、水風呂後の快感がたまらない、というサウナーのために、限界まで低温にこだわり抜きました。

因みに水深も1m用意し、整髪料など落していれば『潜水』もOKにしています。

SHIORI編集部 上野

頭まで沈めていい水風呂、完全に『治外法権』だ

※『ととのう』とは…サウナと水風呂の交互浴を繰り返すことで起きるトランス状態のこと。合法ドラッグレベルの酩酊感があるが、体への負担はなく、むしろ健康になれる。

【かるまる】『やすらぎ』は水風呂初心者にもおすすめ

水風呂『やすらぎ』は水温が約25℃とやや高めに設定されており、初めて水風呂にチャレンジする方にもおすすめ。浴槽はバイブラになっており、体を優しく冷ましてくれます。

また、サンダートルネード後に入る『やすらぎ』は何ともいえない快感。9度→25度→33度と『水風呂のはしご』は【かるまる】醍醐味の一つ、絶対に体験するべき入浴法と言えるでしょう。

水温が低すぎないため、水風呂あるある『頭がキマっているのに体が冷たくなってしまう』という悩みもありません。

延々と入っていられる水風呂は大変に気持ちよく、ここで『沈没』している方も大勢います。

【かるまる】『昇天』は新しい交互浴向けの水風呂

水風呂『昇天』は30℃前後の水温のため、水風呂というよりも体温を正常に戻すためのお風呂、という感覚。こちらも延々と入ることができるタイプの水風呂です。

私が最初に入った時は『毒にも薬にもならない中途半端な水風呂』かと思ってしまいましたが、これがとんでもなかった…。

3分も入っていると交互浴の疲れがリセットされ、もう一度サウナに入ろう、という気持ちにさせてくれる、まさに『生き返る』水風呂でした。サ道の奥は深い…。

【かるまる】『アクリルアヴァント』はサウナ王監修の深すぎる水風呂

『アクリルアヴァント』はフィンランド語で「凍結した湖に開けた穴」を意味する『アヴァンド』をモチーフにした水風呂。深さ1mの低温水風呂は、まさに凍った湖に体を沈めている感覚になります。

そしてこの水風呂、公式サイトでは14℃と書かれていますが、取材時はなんと10℃以下になっている、という嬉しい『逆盛り』をしてくれました。

【かるまる】のお風呂は全5種類!

ここまで『サウナ』と『水風呂』を紹介してきましたが、お風呂も欲望とこだわりを詰め込んだ大変に趣深いものばかり。

ここでは全5種類のお風呂に実際に入ってみたレポートと異常なこだわりの一端を紹介します。

【かるまる】『炭酸泉』は療養泉クラスの炭酸濃度

かるまるの『炭酸泉』は炭酸ガスを人工的に溶解させ、療養泉クラス(1000ppm)の高濃度を実現。

高濃度の炭酸泉には血行改善と冷え予防に効果があるといわれており、実際に入ってみると体に付くツブツブの量が明らかに多く、すぐに体がポカポカに。

【かるまる】『電気風呂』で昔懐かしの銭湯を感じよう

『電気風呂』は昔ながらな公衆銭湯などによく設置されているタイプのお風呂で、画像のくぼみ部分に電気が流れています。ちなみにこの電気風呂、都内で入れる銭湯が激減しており、入れる機会が減ってきている貴重なお風呂。

電流の強さは【弱】と【強】の2種類があり、【弱】であれば初めてでも座れる程度のピリピリ感、【強】は慣れている人でも座るまでにかなり苦労する強さとなっています。

【かるまる】『岩風呂』は特注の一枚岩で作られた高級風呂

『岩風呂』は大浴場から続く階段を登った先にある、全てが岩で作られた浴槽。温度が37℃前後に設定されており、壁にテレビが設置されているという、長湯好きな人のためのお風呂。

風呂から見える景色が最高すぎる

岩風呂の入り口は段差のない緩やかな傾斜になっており、足が滑りにくくなっているため、高齢者の方でも安心して入浴できるそう。

【かるまる】『マス風呂』は最高級ヒノキで作られた超贅沢なお一人様用のお風呂

【かるまる】の『マス風呂』は最高級の青森県産ヒバで作られており、お湯を浴びると上品な木の香りと美しい輝きを放つ、贅沢なお一人様用のお風呂。設定温度は42℃と若干熱めですが、この温度が一番木の香りが強くなる温度だそう。

使用されるヒノキにもこだわり『青森ヒバ』と呼ばれる『平泉中尊寺』など国宝にも使われてた高級ブランド木材を使用。

そんな高級浴槽が3台も並んでいるため、この一角だけとても濃い『木の香り』がする空間に。まるで森林浴している気分になれる不思議なお風呂。

【かるまる】『露天ジャグジー』は池袋とは思えない開放感

『露天ジャグジー』は9階の大浴場から階段を登り、ととのいスポットを抜けた場所にあります。

天井は覆われているタイプではないため、池袋とは思えない開放感の露天風呂を楽しむことができます。

しかもこの露天スペースにも『ととのいスポット』が完備、露天風呂からそのまま横で瞑想イン、という都心では不可能だと思われていた交互浴が可能に。ここも多くの沈没者が出る場所になっています。

【かるまる】は脱衣所にもこだわりが!

最高のサウナ体験を終え、脱衣所に戻り髪を乾かそうとドライヤーを手に取るとなんと『ダイソン』ドライヤー!しかもこの脱衣所だけで全4台!

SHIORI編集部 神田

なんでドライヤーが全部『ダイソン』なんですか?スポンサー提供ですか?

かるまる広報 江尻

いえ、ちゃんと購入しています。最近は男性の方でも美容に気を使われる方が多いので、そういった方でも気軽にご来店いただけるよう【かるまる】では全てのドライヤーを『ダイソン』で統一しています。

取材後、宿泊室やパウダールームなど施設内にあるダイソンを数えみると、合計30台以上を発見。

また、ドライヤーだけでなく、幅広い年代に対応した整髪料(ギャッツビーから柳屋のポマード)などアメニティも充実。

急な泊りでも『とりあえず全部揃ってる』という安心感があり、【かるまる】のこだわりがお風呂だけに止まらないことを改めて痛感することになりました。

【かるまる】は休憩所も最高!

【かるまる】では『人間回帰』と別に『自分の居場所(※)』というコンセプトを打ち立てており、休憩所や館内設備はそのコンセプトに則ったものが採用されているそう。

そのため休憩スペースでリラックスしていると、強烈な『実家でくつろいでいる』感覚に襲われ、「そろそろ帰らなきゃ」と感じることが一切ない。実際、他のお客さんでも『自分の家よりくつろいでない?』といった人が大量に発生しており、そのまま宿泊コースに変更される方も少なくないそう。

※『自分の居場所』とは…【かるまる】が掲げる2つめのコンセプト。『ゆったりとした時間を心安らぐ場所で過ごしていただくために、最高の癒しと極上のリラックス空間』を作ることを目的にしているそう。

【かるまる】『ライブラリースペース』は蔵書1万冊オーバー!

【かるまる】の『ライブラリースペース』では1万冊を超える蔵書の漫画が並べられており、下手な漫画喫茶を超える冊数とメジャー〜マイナーまで網羅したジャンルが用意されています。

しかもこの漫画の並べ方が『あいうえお順』や『出版社順』になっているのではなく『カテゴリー × 近いジャンル順』という明らかにプロの技、完全に『分かってる』人による犯行であることが伺えます。

例えば【格闘漫画コーナー】では
『刃牙シリーズ』→『TOUGH』→『修羅の刻』→『ケンガンアシュラ』
という並び順になっているため、『好きな漫画の横に並ぶ漫画がアタリ』という親切設計。

SHIORI編集部 神田

ここの漫画並べてる人はどなたですか?

かるまる広報 江尻

漫画好きなスタッフが並び順を決めてるみたいです。ちなみにまだまだ本棚にスペースはあるので、オススメなどあったらスタッフに伝えてみてください。

SHIORI編集部 神田

周辺にある漫画喫茶から苦情きますよ

奥の方には【少女漫画コーナー】があり、ラインナップがなぜか超充実していました。

なんでも漫画好きなスタッフが『男性だから少女漫画を読まないのはおかしい。漫画として面白いんだから食わず嫌いせずに読むべき』という100点満点な理由からコーナーを作ったそう。

実際に多くのお客さんが少女漫画を手に取っており、漫画好きなスタッフの慧眼に感服を隠せません。

ちなみに筆者の大好きな『乙嫁語り(※)』もしっかりと本棚に!少しマイナーかもしれませんが、本当に最高な漫画なので【かるまる】に行った方は必ず読んで『森薫先生(※)』にファンレターを送ってください。

※『乙嫁語り』とは…19世紀後半の中央アジア地域を舞台に『乙嫁』に焦点を当てた歴史漫画。話が面白いことはもちろん、絵が本当に綺麗なのでパラパラめくるだけでも幸せになれる。

※『森薫』とは…漫画家。代表作に『乙嫁語り』『エマ』など。背景や衣装など装飾品に対する異常な描き込みをすることで有名。

【かるまる】『リクライナースペース』と『くつろぎポッド』でダメになろう

この『リクライナースペース』では38のリクライナー(安楽椅子)が並べられており、ライブラリースペースの漫画を読んだり、備え付けのテレビでVODサービス(NetflixやAmazonプライムなど)を楽しむことができます。

しかも他の施設ではありえない『飲食OK』というルール付き!各席に8階レストランのメニューが設置してあり、自由に頼むことができます。

かるまる広報 江尻

ちなみにこのリクライナーも特注です。座ると大体の方がここから動けなくなるので、食事のオーダーができるようにしました。ちょっと座ってみますか?

SHIORI編集部 上野

じゃあ失礼して…。あ、ここすごい。今日はもう立てる気がしないので、このまま仕事早上がりでもいいですか?

SHIORI編集部 神田

堂々とサボるな

また『ライブラリーコーナー』の裏側には『くつろぎポッド』という広めのカプセルホテルのような空間があり、ここで寝っ転がりながら漫画を読む人も。ポッド内には定員が設けられていないため、友達と一つのポッドで漫画の回し読みをしている人も。

秘密基地みたいでめちゃめちゃ楽しそう。

【かるまる】『コワーキングスペース』はWi-Fi速度も速い!

【かるまる】では漫画喫茶の上位互換空間を作るだけでは物足りず、コワーキングスペースも用意されています。しかも追加料金は無料!

池袋周辺のコワーキング施設の料金を調べてみると、平均相場が1日約2,000円。つまりコワーキング代に+1,000円で最高なサウナに入り放題ということに!

SHIORI編集部 上野

この最高すぎるサウナが+1,000円っておかしくない?というかサウナで健康になって医療費が浮いてるんだから実質タダじゃん!

かるまる広報 江尻

ちなみにここも飲食OKですし、机に置いてあるメニューから食事のオーダーも可能ですよ。

SHIORI編集部 神田

仕事させる気ゼロじゃん

ちなみに館内の無料Wi-Fi速度を計測すると93Mbpsでした。

2MbpsあればYouTubeがサクサク見れる、と言われているので超高速と言えます。実際に自分も1日ここで作業してみましたが、オフィスよりもWi-Fiが安定してサクサクだったので、仕事で使用する分には遅く感じることはまず無いと言えるでしょう。

【かるまる】サウナなのにご飯の味・コスパが神!

サウナで大量の水分と塩分を出した後の食事は別格の美味しさですが、【かるまる】ではレストラン級の本格的なご飯を出すガチっぷり。木を基調にした落ち着きのある空間になっており、お座敷レストランのような雰囲気。

そんな絶品料理の中から実際に江尻さんやスタッフの方に『人気のご飯ランキング』をお聞きし、本当に美味しかったご飯をレポートします!

第3位『超!親子丼』

「超!親子丼」の名に相応しい、親子丼を超えた親子丼。そして明らかに大きすぎる器。その直径は『iPhone X』を超え、料理長の『絶対に満腹にさせる』という気合を感じることができる一杯。
しかも画像の量は普通盛り、無料でご飯を大盛りにもできます。(お肉の増量も可能だが有料)

味の方はとろとろ部分の卵がふんわり濃厚で美味。味付けは甘さ控えめですが、ダシの旨味が際立つ親子丼です。割下は多めではしっかりご飯に絡んでおり、鳥と卵のおいしさが詰まった逸品。

第2位『唐揚げタルタル丼』

こちらも丼は親子丼と同じく超特大。しかもタルタルソースが惜しげも無く掛かっているため、食べ応えも超満足。ただ、マヨネーズ系が苦手な方はタルタルソース少なめで注文した方がいいかもしれません。

下味がしっかりついた唐揚げの衣はサクッと軽く、身はとても柔らかい。タルタルソースは卵メインではなく、唐揚げの脂っこさを打ち消す酸味のあるタイプ、唐揚げの旨みをさらに引き立てます。

ちなみに筆者は少食なので、食べ終わるとその場から30分ほど動けなくなるほどのボリューム。とにかくお腹いっぱい食べたい、という方におすすめな一品。

人気第1位『肉汁つけうどん』

江尻さんや料理長、スタッフの方に一番人気を聞くと、全員が『肉汁つけうどん』と回答。あまりの人気ぶりに昼過ぎには売り切れになってしまうそう。毎日打ち立てを仕入れている麺に、自家製の生ラー油をかけていただきます。(麺と肉はマシマシ注文可)

ただ、あまりの人気ぶりに私たちが15時ごろに注文すると、既に売り切れ…!
ものすごく食べたかったので、次回プライベートで行く際のリベンジとさせていただきます。

【かるまる】はカプセルホテルとして宿泊も可能!

終電を逃した方が利用することも多い【かるまる】の宿泊コースは全4タイプのお部屋が用意されており、どのお部屋も最高にリラックスできる空間に仕上がっています。

この章では実際にお部屋とカプセル全4タイプで寝てみたレポートを紹介します。

【かるまる】『カプセルタイプ』は防音にこだわったカプセル部屋

【かるまる】『カプセルタイプ』での宿泊は『VIP』と『VIPシアター』の2タイプがあり、どちらのお部屋にも

・高い防音性を保つ『2重ロールスクリーン』
・『TEMPUR』製の高級マットレス
・全個室に空調設備付き

とちょっとしたビジネスホテルでは太刀打ちできない寝心地を実現。

防音性の高い2重ロールスクリーン

『VIP』と『VIPシアター』その違いは大きなモニターがあるかどうか。

『VIPシアター』は43インチの大型モニターで映像を楽しむことができる、とHPにはありますが、実際にカプセル内でモニターをつけてみると、視界全てがモニターになるため、体感60インチ越えの大迫力映像を味わうことができます。

43インチとは思えない大迫力

また、映画館のように後ろから音が聞こえるよう、枕元に高性能スピーカーを設置。『シアター』の名に恥じぬ臨場感とクオリティのカプセルルームに仕上がっています。

もちろんこのモニターでも『VODサービス』が見放題。お気に入りの映画をいつもと違う空間で楽しんでみたい方にもおすすめです。

スピーカーも一級品

【かるまる】『ホテルタイプ』はリゾートホテル級のクオリティ

【かるまる】『ホテルタイプ』での宿泊は『コンパクトシングル』と『ラグジュアリーシングル』の2タイプがあり、どちらのお部屋にも

・TEMPUR製リクライニングベッド『Zero-G® Lifestyle』
・客室内電話(食事のオーダーOK)
・ハイビジョン液晶テレビ

が付いています。カプセルタイプでは落ち着かない方でもリラックスができるお部屋になっています。

ちなみにここの鍵も下駄箱の鍵で開閉ができるため、鍵の心配をする必要は一切ありません。本気で全てのスーパー銭湯はこのスタイルにしてほしい。

『ラグジュアリーシングル』はお部屋にシャワールーム付き

『コンパクトシングル』と『ラグジュアリーシングル』の違いはお部屋の中に『シャワー・トイレ』があるかどうか。

カプセルホテルあるある『朝の洗面所とシャワーが異常に混んでいる』を回避するため、自分専用のシャワー空間があるのは大きなストレス軽減になりそう。

また、『ラグジュアリーシングル』ではシャワーに付随してシャンプーやタオルはもちろん、各種アメニティや『ダイソン』ドライヤーもお部屋に常設。

朝の準備をスマートにしたい方なら、絶対におすすめしたいお部屋です。

【かるまる】ではリラクゼーションも充実!

【かるまる】『ヘッドスパ』は美容院を超えるテクニックと施設付き

【かるまる】のヘッドスパマッサージでは、⼼地よさを追求した「YUME」という1台100万円以上のシャンプー台を設営。美容室を超える設備が導入されています。

また、法律上ヘッドスパは『美容師免許』を取得していない方の施術を認めていません(※)。

ここでヘッドスパマッサージをしてくれる方は、全員が美容師資格とヘッドスパ研修を卒業したプロ。至極のヘッドスパで脳を休め、疲れをリセットできること間違いなしです。

※2019年12月時点の『美容師法』より参照

【かるまる】『リラクゼーション』で最高のマッサージ体験

お風呂やサウナを堪能した後、身も心もさらにリフレッシュできるマッサージ施設。ストレッチ系のテクニックがふんだんに盛り込まれた多彩なボディケアメニューは至福のひと時を約束します。

【かるまる】『アカスリ』で垢と疲れを落とそう

「あかすりって気持ち良い!」これは体験した人にしかわかりません。当店のあかすり施術に特化したベッドで、最高に贅沢で気持ちの良い時間をお過ごしください。日頃の疲れを垢と一緒に落としましょう!!

【結論】池袋に来たら【かるまる】へGO!!!

こちらの機械に下駄箱のキーをタッチすると清算開始

最後はエントランスの精算機で料金をお支払いし、そのまま改札を出るだけ。また、楽天PayやSuicaなど電子決済にも対応!

使える電子マネー一覧

サウナやお風呂の豪華さばかりに目が引かれがちですが、店員さんの接客や鍵の管理など細かい面でもお客様へのおもてなしが行き届いている、と思える施設でした。また、男性専用であるだけでなく、18歳未満の入店もお断りしているので、店内は本当に静か。そしてお客さん達のマナーがとても良いため、ストレスを感じることはほぼゼロ。

この設備と満足度、そして都心にあることを考えると本当に破格のコスパであることは間違いありません。休日の予定がないあなた、週末は【かるまる】でリフレッシュしてみてはいかが?

また、弊社では様々な施設の取材や掲載を受け付けております。ご希望される方は下記リンクよりお問い合わせくださいませ。

お問い合わせフォーム

おすすめ記事

アクセスランキング

コメント

Noimage
※必須

キャンセル
コメントする
コメントありがとうございました!
いただいたコメントは順次確認させていただきます。
あなたの疑問を解決できる内容があるはずなので、記事の続きも、是非、最後まで読んでみてくださいね!
記事に戻る >